突然の逮捕に備える・・・刑事司法の裏側

突然の逮捕や取調べに対処する!対警察マネジメント。様々な事情で誰にも相談が出来ない方、
現に大切な人が逮捕されてしまったが弁護士を付ける費用がない等お困りのあなたへ。
表には決して出ない対策法とレア情報をご提供します。



薬物事犯で逮捕されてしまったら〜危機管理指南書の筆者

自己紹介
コンサルタント。
薬物等で逮捕されてしまった方、その家族に向けての
アドバイス、危機管理指南書や税務調査対策指南書の著者。

クライアントは個人・企業・芸能関係者など多岐に渡る。

●元国税専門官・弁護士・当局関係者との繋がりを活かし、
提供する情報の質を高める努力は欠かさず行っている




私からのメッセージ:

この仕事をしておりますと様々なお客様にお会いします。

最近は、涙を流して女性が駆け込んでこられることが多く
聞けば『旦那さんが逮捕されてしまった』というご相談が多くなってきました。

ご相談者様やそのご家族とお話して、思うのが
とにかく『不安だ』ということです。

この”不安”に対抗するには知識を身に付けるしかありません
やってしまったことは仕方ありませんし、罪は素直に償うべきです。

しかし、実務の事情や知識が無いために損をしてしまったり
先の見えぬ不安に終始怯える必要は全くありません


この理念の下に『危機管理・指南書』が生まれました。

この指南書が、少しでもあなたのお役に立てればと思います。

30万円近い弁護費用をかけることなく、弁護士や刑事、逮捕経験者の
助言・的確な情報を得られるメリット

ほとんどの場合、逮捕後に弁護士がついて聴取の受け方を教わります。
しかし、事前に対処方法等を知っておく事のメリットは相当に大きいです。

●あの手この手で情報を引き出さんとする刑事の手口やその意図
●いきなりの逮捕に備えることが出来る(重要です)
●実際の量刑や保釈申請にかかる費用・弁護士費用
●聴取の上手な対応方法(刑事と仲良くなる事の重要性、余計な事はしゃべらない方法等)
●留置所での上手な過ごし方(人間関係構築・ヤバい人と同室になった時の対処法)

など多く事が分かるからです。

これらを事前に知っておくことは精神安定の面で非常に有用です。
(逮捕経験者の多くは後日談でそう語っています)


逮捕後に、30万円の弁護費用を払って(やる気のない国選弁護人が付いて)
教えてもらうのと雲泥の差があります。


TOPへ